読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEEKLY TENNIS

今週のATPツアーを振り返ります!

【今週のテニス】マイアミOP!フェデラーが今季GS・マスターズ全勝の3勝目!決勝は再びフェデナダ。昨年準Vの錦織はベスト8。キリオスがベスト4

https://pbs.twimg.com/media/C8bkjkVXYAEWTIl.jpg:large

マイアミOP

https://pbs.twimg.com/media/C8QQxydUMAA8P-B.jpg:large

 

 

今週は、マイアミOPATPマスターズ1000)が行われました。

決勝はフェデラーナダル

https://pbs.twimg.com/media/C74dSLmV4AAVt25.jpg:large

勝戦は全豪のファイナル、インディアンウェルズのR16に続き、今季早くも3戦目となるフェデラー(35歳、6位、スイス)とナダル(30歳、7位、スペイン)のライバル対決になりました。

試合はフェデラーが第1・第2セットともに1回ずつブレイクで先行し、6-3 6-4でストレート勝ちを収めました。

 

決勝 ロジャー・フェデラー ○ 6-3 6-4 ● ラファエル・ナダル

  

フェデラーは、全豪OPインディアンウェルズ・マスターズ、そしてこのマイアミOPと、今季のグランドスラムとマスターズのメジャータイトルを3つすべて手にしました。

もちろんレースランキングは1位です。

 

昨年準Vの錦織はべスト8敗退で7位転落...

https://pbs.twimg.com/media/C73NhqgVsAADk-x.jpg:large

昨年この大会を準優勝した錦織圭(27歳、4位)は、ジョコビッチとマレーの欠場で第2シードで臨みました。

右手首の状態が思わしくなかった錦織は、準々決勝でフォニーニ(29歳、40位、イタリア)に敗れ、ベスト8で敗退しました。

R2 錦織圭 ○ 6-4 6-3 ● ケビン・アンダーソン
R3 錦織圭 ○ 7-6 6-7 6-1 ● ベルダスコ
R16 錦織圭 ○ 6-3 4-6 6-3 ● デルボニス
QF 錦織圭 ● 4-6 2-6 ○ ファビオ・フォニーニ

https://pbs.twimg.com/media/C8HVCEKUMAAdAZ5.jpg:large

 

 

キリオスが今週も活躍!

https://pbs.twimg.com/media/C8SEwP6W0AQYHQL.jpg:large

キリオス(21歳、16位、豪州)対アレクサンダー・ズベレフ(19歳、20位、ドイツ)の「Next Generation」の2大スター対決が、2大会続けて実現しました。

前回の初対戦に続きキリオスが勝利し、対ズベレフ2連勝としました。

QF ニック・キリオス ○ 6-4 6-7(9) 6-3 ● アレクサンダー・ズベレフ

続く準決勝ではフェデラーにフルセットタイブレークの末に惜敗し、ベスト4で大会を終えました。

SF ニック・キリオス ● 6-7(9) 7-6(9) 6-7(5) ○ ロジャー・フェデラー

観客がフェデラー陣営と化した準決勝、試合終了時にラケットを叩きつけたキリオスは、試合後の会見で、観客が敵に回ったことを率直に述べています。

 

 

おわりに

マイアミOPを欠場していたツォンガ(31歳、10位、フランス)が、第一子の誕生を発表しました。おめでとうございます。

キリオスも祝福しています。